美人すぎる唎酒師 野口万紀子の日本酒のいろは
第四十五話 日本酒に賞味期限ってあるの?

きき酒師
野口 万紀子

イベント満載の季節になって来ましたが、アウトドアやホームパーティなど、さまざまなシーンでお酒を開封する機会があると思います。

お酒は放っておいても腐らないから、、と言われることもありますが、 日本酒の賞味期限ってどのくらいなのか、みなさん正しく知っていますか?

特に日本酒は、飲みきれなくて余らせてしまうことも多いので、どのくらいで飲みきれば良いのか分からないという人も多いと思います。

そんな人のために今回は、日本酒の賞味期限についてお話していきたいと思います。
保管方法のポイントや、私自身が実際にやっている、開封後、余らせてしまった場合の活用方法などもご紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください!!



日本酒に賞味期限はあるのか?


多くの食べ物や飲み物には賞味期限や消費期限が表記されていますが、日本酒には記載がありません
アルコールには殺菌作用があるため、腐敗が進みにくいので、長い間保存することが可能だからです。

その代わりに、製造年月日を記載することが義務付けられていて、それが品質を判断する上で参考になる情報となっています。
製造年月日は、絞り上がった日ではなく、瓶に詰められた日を指しています。
開栓前の日本酒は紫外線を避けて冷蔵保存した場合で、約半年~1年程度と言われています。

しかし、一度開栓してしまうと、次第に風味が変化してしまうので、美味しく飲めなくなってしまうことも。
古酒の場合は3年以上冷暗所で熟成させますが、一般家庭で同じように時間が経過した日本酒が美味しくなるとは限りません。

もちろん、時間の経過によってまろやかさが増したり、深みが出たり、ポジティブな変化を得られることもありますが、全く別の日本酒と勘違いしてしまうほど劣化してしまうこともあります

日本酒の味の変化は、火入れがされているものと、されていないもの(生酒・生貯蔵)で異なるので、それぞれ目安をご説明します。

<火入れありの日本酒>
火入れがされている日本酒の場合、開栓後3日程度であれば、それほど味は変化しません。

しかし、一週間ほど経過してくると、大きな味の変化を感じる場合もあります。
本醸造・普通酒・純米酒の表記であれば、1ヶ月以内を目処に飲み切るとベストです

また、火入れが2回されている本醸造酒や普通酒は、1ヶ月間で熟成され、味の変化を楽しむことに適しているお酒です

<火入れなし(生酒・生貯蔵酒)の日本酒>
生酒は、火入れを行わず、酵母菌が生きた状態の日本酒なので、熟成が早く、味の変化が大きい繊細なお酒です。そのため、2〜3日で飲み切るとベター。

吟醸酒・生詰酒・生貯蔵酒の表記の日本酒は、一週間程度を目処に飲み切るのがおすすめです

吟醸酒や、火入れが1回のみ行われている生詰酒は、特にデリケート。
保存状態が悪いとひどい劣化にもつながってしまうので、十分注意しましょう。

しかし、これらはあくまでも蔵元が造った日本酒の状態を、よりフレッシュに楽しんでもらうために推奨している一つの目安で、絶対的なものではありません。

実際に、私自身も、少し寝かせた方がまろやかになって美味しく感じることもあるので、自分の好みでベストな美味しさを見つけましょう!


開栓後の保管のポイント


日本酒の保管のポイントは、温度と紫外線です。
これは、開封前、開封後に関係なく気をつけるべきポイントです。

一般的な日本酒セラーはワインの保管温度よりも低く、−10度くらいまで冷えるものもあります。
家庭の冷蔵庫で可能であれば、生酒の場合、酵母の働きが抑制できる4度以下、可能であれば0度以下で保存すると良いでしょう

火入れの回数が少ない日本酒や吟醸酒系の日本酒の場合は、5度以下で保存するのが最適です
注意点としては、家庭用冷蔵庫のドアポケットに入れておくと、温度変化の影響を受けやすいので、できるだけ避けた方が無難。

また、日本酒は紫外線に弱いという特徴を持っているので、成分の変化を予防するためにも、日光が当たらないようにしましょう。
具体的には、紫外線カットが付いている日本酒セラーやクーラーボックス、なければ新聞紙を巻いて冷蔵保管しましょう

日本酒をそのままカウンターやテーブルの上などに置いて保管している人も見かけますが、紫外線を浴びると、ひね香と言って、独特の劣化臭を発したり、色が変化したりしてしまいます

このようになってしまうと、もうどうやっても元には戻せず、口に含むと非常に不快な味わいになってしまうので、紫外線には注意が必要です。

キャンプなどの屋外に持ち出す場合には、川などの水辺につけておいたり、クーラーボックスに氷を張って入れておくと、状態をキープできます。

また、日本酒はワインのように瓶を横にして保存すると、空気に触れる面が多くなるので、酸化しやすくなってしまいます
小さな冷蔵庫で保管しずらい場合は、>立てて入れることができる容器に移し替えることがおすすめ。

その際には、容器をきれいに洗ってしっかりと乾燥させてから使うようにしましょう。


余らせてしまった時の上手な活用方法

日本酒はビールや酎ハイのようにゴクゴクと飲み干すタイプのお酒ではないので、4合瓶や1升瓶などを開栓してしまうと、飲みきれない場合も多々ありますよね。

冷蔵庫の場所も占領してしまうので、できるだけ早く飲み切ってしまいたいもの。

そんな時に上手に使い切る私なりの方法をご紹介します

まずは、お料理に使う方法です。
たくさんの量が余ってしまった時は日本酒鍋なんかにもします。
とても旨味が増して、とっても美味しく仕上がりますよ!
また、お肉を柔らかく仕込む時にも使います。

お料理に日本酒を使うメリットは

・臭みを消してくれる
・旨味を引き出してくれる
・素材を柔らかくしてくれる
・味が染み込みやすくなる
・香りつけをしてくれる


などです。

和食には欠かすことのできない調味料で、酒蒸しのお料理や、煮物などにも隠し味で入れると、深い味わいに変化するのでおすすめ。

疲れている時には卵酒にするのも効果的です。
沸騰させるとアルコールが飛んで、お米の旨味が増します。
昔から伝わる精力剤として有名ですが、作り方は簡単。

冷酒に生卵を入れてよくかき混ぜ、飲みやすく出汁やお塩、生姜の搾り汁などを入れて温め、熱いうちに飲みます
量の目安は、だいたい、お猪口3杯に卵1個の割合くらいでOKです。

オリジナルの方法としては、インスタントのカップ麺に日本酒を入れる方法!
なんてことないカップ麺がワンランク上の味に変化するので、ぜひやってみてください!!

お料理に適した日本酒の種類は純米酒です。
お米のしっかりとしたコクが料理に深みを与えてくれます

市販の料理酒の添加物が気になる人にとっても安心して使えるのが嬉しいポイント
他にも、ハイボールのように日本酒サワーにしたり、コーヒーで割ったりするのもおすすめです!!

それでもたくさん残ってしまった場合は、お風呂に入れて日本酒風呂にします。

最近、人気のサウナは、乾燥状態が続くので脱水を起こしやすく、あまり勧めていないドクターも多いので、私は湯船派なのですが、お肌もツルツルになって、身体の芯から温まります

量としては、湯船にコップ1杯分くらいが目安。
お料理と同じく、ひね香が発生するほど劣化が進んでいたり、状態が良くない場合には使わないようにしましょう。


~最後に~


いかがでしたでしょうか?
日本酒はお米で来ているため、日本人の食生活には非常に馴染むお酒であるため、お料理に使える幅が広いお酒です。
出汁に合わせても水っぽくならないお酒は、世界でも日本酒だけと言われています。

今回ご紹介したものは、どれも簡単な方法ばかりなので、飲みきれないことを恐れずに、自分なりに工夫しながら日本酒を最後まで飲み切りましょう!!

素敵な日本酒ライフを♡︎
文:野口 万紀子

プロフィール

野口 万紀子
株式会社 5 TOKYO 代表取締役
きき酒師 / クリエイティブディレクター

東京都目黒区生まれ。女子美術短期大学卒業後、モデル、スカウトにより芸能活動を始め、8年ほどレースクィーン・モデル業を務める。外資系仏ラグジュアリーブランド、融資コンサル会社等での経験を経てた後、ライター業へ転身。日本のおもてなしについて興味を持つようになり、パーティーコーディネートのトータルプロデュースについて学び、きき酒師の資格を取得。2017年、株式会社 5 TOKYOを設立。現在では『日本酒 × ファッション・アート・伝統文化」といった、日本文化の新しい楽しみ方をプロデュースしている。日本酒イベントの企画運営や飲食店における日本酒コーディネート、セミナーや講演会への出演、執筆などを中心に活動中。最近ではTV、ラジオ、雑誌など様々なメディアにも多く出演している。

<取得資格>
SSI認定 きき酒師 (認定番号 No.042210)
SSI認定 日本酒ナビゲーター (認定番号 No.9338)
WSET LEVEL1 AWARD IN SAKE (認定番号 No.201039812417)
日本野菜ソムリエ協会認定 パーティースタイリスト
公益社団法人 神奈川県食品衛生協会認定 食品衛生責任者

コラム一覧へ戻る

ライター紹介

アーティスト
上宮 三佳(かみやみか)

群馬県出身。ぐんまの地酒大使
Piano&Vocalユニット「Sunray in Rain(サンレイ イン レイン)」のVocal、モデル、ライターとして活動中。日本酒好きが高じてユニットオリジナル曲「日本酒のうた ~二つで一つだね~」をリリース。

コラム一覧へ

きき酒師
野⼝ 万紀⼦

株式会社 5 TOKYO 代表取締役
きき酒師、クリエイティブディレクター。『日本酒 × ファッション・アート・伝統文化」といった、日本文化の新しい楽しみ方をプロデュースしている。

コラム一覧へ

ミツワネットショップ
店長荒井

ミツワネットショップ店長
有限会社ミツワ酒販 代表取締役
創業以来四十余年、食の安全、美食へのこだわりをモットーに、関東中心に約700軒の小売店様への酒類、食品類の卸業を行っている。