美人すぎる唎酒師 野口万紀子の日本酒のいろは
第四十二話 精力がつく日本酒の飲み方

きき酒師
野口 万紀子

お酒にはさまざまな効果があるのですが、今回はちょっと毛色を変えて、精力がつくお酒シリーズです!!

飲み過ぎは男性にとっても女性にとっても良くないものですが、昔から伝わる日本酒の飲み方には斬新なものもたくさん。意外と知られていませんが、その効果には精力アップも期待できるものがいくつもあるんですよ。

美味しくて元気が出る日本酒の飲み方をご紹介していきたいと思います。
男性だけではなく女性の疲労回復になるものもあるので、ぜひおうちでやってみてください!



竹の油はエネルギーの源だった!かっぽ酒

日本酒は世界一温度帯の幅広いお酒ですが、お燗の仕方は実に深いものがあって、こだわりだすと本当にテクニックが試されるのですが、青竹の中にお酒を入れてお燗する”かっぽ酒”は、全国各地に伝わっています。

お酒を入れた青竹を火に炙りながらお燗すると、竹がじわじわと汗をかいたようになってきます。この汗は竹の油が滲み出たもので”竹瀝”と言い、これを飲むと精力がつくという説は中国から伝わった飲み方です。

お酒が温まるまで火にかけておくと、竹の甘みが伝わってきて一味違った風味を楽しむことができます。かっぽ酒専門のお店もあって、常連さんは皆血色が良いです。

ただし、一度使った竹は二度と使用できないので、価格は高価なものとなりますが、一度試してみる価値はありますよ!


香ばしい香り好きなら、骨酒!

独特の風味で、一度飲んだらクセになる日本酒の飲み方として"骨酒"があります。
”ヒレ酒”の名で知っている人が多いのではないでしょうか。もともとは、焼き魚などのお肉を食べた後、頭の部分やヒレの部分、骨などを炙って、器に移し、お燗にした日本酒を注いで飲んでいたものですが、川魚などの小魚の頭を丸ごと焼いて使っても香ばしく非常に良い風味が出ます。

全国各地の郷土料理として広く知れ渡っていますが、都内では意外と骨酒を扱っているお店が少なく、見かけると絶対注文したくなってしまいます。

その歴史は古く、江戸時代から続いているのですが『燕居雑話』という書物の中に「唐山にては”頭脳酒”という也」と記述があることから、当時は骨よりも頭部を珍重したようです。魚の頭の部分や頬肉は味も美味しくて、脳の部分にはアミノ酸がたくさん集中しているので、そのことからもお酒の味が濃厚になることがわかります。

簡単にできる骨酒の中で、実際に飲んでみた結果美味しかったものをいくつかご紹介します。

本気のお酒好きにおすすめ!わた酒

魚のわたをまな板の上で包丁の背を使って叩き割ります。大き目の酒器に入れて、上から熱めにお燗した日本酒を注ぎます
酒飲みは例外なしに喜ぶお酒です。

旨味たっぷり濃厚!うに酒

うにを酒器の4分の1くらいまで入れて、上から熱めにお燗した日本酒を注ぎ、よくかき混ぜます
うに好きの私にはたまらないお酒!

頭の部分こそ美味!ぐぢ酒

関西では甘鯛のことを“ぐぢ“と言いますが、塩見を焼いて蓋のついた器に入れて熱めにお燗した日本酒を注ぎ、2〜3分蒸します

飲むときは、甘鯛のお肉部分は食べずに取り除いてからいただくのが正解。甘鯛の種類は白皮がおすすめ。濃厚な味がお好みであれば、お肉部分は使わずに頭の部分を二つ割りにして、軽く塩を振ったものを焼いて使うと美味しいです。

鯛はどうしてもさっぱりしたお味なので、お肉部分をお酒として使うと、いまいち濃厚さに欠けてしまう印象です。

やみつきになる風味!鮭酒

新巻鮭を薄く切って焼いて、熱燗の日本酒を注ぎ、少し時間を置いてからいただきます。
"鯛酒"よりも抜群に美味しいので、お酒好きの方には超おすすめ!

鍋にベストマッチ!ひれ酒

"ひれ酒"は比較的メジャーで、飲んだことがある人も多いかもしれません。
河豚のひれを焦げない程度に炙って、大きめの酒器に入れ、熱燗にした日本酒を注いでいただきます
河豚鍋にはつきもののお酒です。

料理のついでに作れる!海老酒

活きた車海老の皮を剥いで、わた部分を取り除き、わずかに塩を振ってから焼いて、大きな酒器に入れて熱燗にした日本酒を注ぎます

2〜3分したらちょうどいい飲み加減になっているはず。辛みと甘みのバランスが良く、気の利いたお酒の完成。

骨酒の飲める都内のお店

■夢鉄砲■
〒153-0042
東京都目黒区青葉台1丁目25−13 グランデュオ中目黒 B1F

焼肉のようなジューシー感と食べ応えをを実現した焼きふぐ専門店。パフォーマンスとしてもテンションが上がるヒレ酒は、さまざまなふぐ料理と相性抜群なので是非試してみてほしいです。

■銀座ひらい■
〒104-0061
東京都中央区銀座5丁目9−5 長屋104

銀座の真ん中にある穴子専門店です。取手付きの器に焼き穴子と日本酒を入れて出してくれます。
フグよりもさらに香ばしさを求める方におすすめ

■江戸炭火焼 kemuri 神楽坂■
〒162-0827
東京都新宿区若宮町10番地 プレール神楽坂 B1F

囲炉裏を囲みながら、こだわりの炭火焼きを楽しめるお店。かっぽ酒飲み放題で、元気になりたい夜にはもってこいです


女子も疲労回復にオススメ!卵酒

"卵酒"は風邪をひいた時や精をつけたい時などに効果的で、江戸時代から人々の人気を集めた飲み方の一つでもありました。
その効能について『本朝食鑑』という書物に記載がありますが、精がつく、気持ちが元気になる、胃腸を整えるなどの効果があると言われていました

作り方は現在も同じで、冷酒に卵を入れて良くかき混ぜ、飲みやすく味をつけてから温め、熱いうちにいただきます。量としては、だいたい日本酒をお猪口3杯に対して卵1個の割合がベター。


風邪のひきはじめに!生姜酒

”卵酒”と同じくらいメジャーな”生姜酒”ですが、おうちにある道具だけで簡単にできます
生姜の皮を剥いて擦り潰し、お味噌を入れて鍋で炒めます。その中に甘めの日本酒を注いで、1〜2回煮立たせれば完成。風邪のひきはじめにも効果的です。ちなみに生姜の皮を剥きづらいどきは、アルミホイルをくしゃくしゃにして生姜の表面を擦るようにすると簡単に剥けます。


江戸っ子に大人気!芋酒

江戸時代にはさまざまなスタイルの居酒屋が登場していますが、その中に“芋酒屋“というお店がありました。芋酒屋には2パターンあって、山芋をすりおろし冷酒に混ぜた”芋酒”を出すお店と、煮物の芋と麦飯で一杯飲ませる“芋酒屋“です

お芋の煮っ転がしは、日本全国共通のお袋の味代表格として今でも伝わっていますが、芋酒の方はその姿を消してしまいました。強精剤として江戸っ子に大人気だった芋酒ですが、作り方はかんたん。山芋の白い部分をすりおろして、冷酒に混ぜ、少しだけ塩を入れてさっとかき混ぜれば完成!
お料理のついでに簡単に作れるので、ぜひ試してみて欲しいです


塩辛は日本が誇る精力のつくおつまみ

日本が誇る、栄養満点で美味しい精力効果の高いおつまみといえば塩辛です。いろいろな酵素が多く含まれていて、スタミナ強化の特効薬とも言えるアルギニンというアミノ酸がたっぷり含まれているのです。アルギニンは男性の精子の固形分の60%をも占めるアミノ酸で、その含有量が多いものを摂取していると黙っていても男性機能が強くなります!

また、グルタミン酸の含有量も多いので、脳細胞の機能向上効果も高いのです。そのため、塩辛はデキル男性のための酒の肴としては最適なのです。
塩辛には渋味成分が多く含まれているため、これが酒飲みが喜ぶ風味だということもあり、昔からおつまみとして人気です。

はぜの黄腸で作った塩辛は非常に貴重で、1かめ分作ろうとしたら数百尾が必要となります。甘さの中に適度な渋味があって、こちらもお酒のおつまみとして最適ですが、大量に食べると体に影響するのでご注意を


~最後に~

今回は精力のつく日本酒の飲み方をいろいろご紹介しましたが、実は人間だけではなく植物もお酒好きなものがあって、精力剤にして元気が出るものがあるのですが、代表的なものが松の木です。アルコール分が根を温め細根にも勢いをつけるのにはスルメを与えるのだそう。お酒には肴が必須ということですね。

あまり知られてはいませんが、日本酒はさまざまなアレンジがきくお酒です。おうちで簡単にできる精力酒ばかりなので、男性はもちろん、女性の方もぜひご主人や彼氏のために作ってあげて一緒に飲んでみてください!

素敵な日本酒ライフを♡︎
文:野口 万紀子

プロフィール

野口 万紀子
株式会社 5 TOKYO 代表取締役
きき酒師 / クリエイティブディレクター

東京都目黒区生まれ。女子美術短期大学卒業後、モデル、スカウトにより芸能活動を始め、8年ほどレースクィーン・モデル業を務める。外資系仏ラグジュアリーブランド、融資コンサル会社等での経験を経てた後、ライター業へ転身。日本のおもてなしについて興味を持つようになり、パーティーコーディネートのトータルプロデュースについて学び、きき酒師の資格を取得。2017年、株式会社 5 TOKYOを設立。現在では『日本酒 × ファッション・アート・伝統文化」といった、日本文化の新しい楽しみ方をプロデュースしている。日本酒イベントの企画運営や飲食店における日本酒コーディネート、セミナーや講演会への出演、執筆などを中心に活動中。最近ではTV、ラジオ、雑誌など様々なメディアにも多く出演している。

<取得資格>
SSI認定 きき酒師 (認定番号 No.042210)
SSI認定 日本酒ナビゲーター (認定番号 No.9338)
WSET LEVEL1 AWARD IN SAKE (認定番号 No.201039812417)
日本野菜ソムリエ協会認定 パーティースタイリスト
公益社団法人 神奈川県食品衛生協会認定 食品衛生責任者

コラム一覧へ戻る

ライター紹介

アーティスト
上宮 三佳(かみやみか)

群馬県出身。ぐんまの地酒大使
Piano&Vocalユニット「Sunray in Rain(サンレイ イン レイン)」のVocal、モデル、ライターとして活動中。日本酒好きが高じてユニットオリジナル曲「日本酒のうた ~二つで一つだね~」をリリース。

コラム一覧へ

きき酒師
野⼝ 万紀⼦

株式会社 5 TOKYO 代表取締役
きき酒師、クリエイティブディレクター。『日本酒 × ファッション・アート・伝統文化」といった、日本文化の新しい楽しみ方をプロデュースしている。

コラム一覧へ

ミツワネットショップ
店長荒井

ミツワネットショップ店長
有限会社ミツワ酒販 代表取締役
創業以来四十余年、食の安全、美食へのこだわりをモットーに、関東中心に約700軒の小売店様への酒類、食品類の卸業を行っている。